© 2017 by HIRABARI DRIVIEW. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Basic Black
  • YouTube Basic Black

「あっ!免許の更新期限が過ぎてる!」と気づいたら、更新期限が過ぎてからどれくらい経ってしまったか確認しましょう。

まずは、落ち着いて自分の運転免許が本当に失効しているか、しっかり確認していきましょう。

  • 運転免許の有効期限と更新期限を正しく理解していますか?

運転免許証に記載してあるのは有効期限です。

それに対して更新期限は免許に記載されている有効期限の1ヶ月後までです。

つまり、有効期限から1ヶ月以上経過していなければギリギリセーフ!無条件で免許を更新できます。​​

  • 更新期限が切れてから6ヶ月以内である場合も免許失効にはなりません。

所定の講習と適性試験を受ければ、免許が交付されます。

但し、運転免許試験場で申請手続きをする日が6ヶ月を超えていてしまうと当然免許は失効します。

申請窓口は平日しか開いていないため、土日に申請に行って窓口が開いていないから失効してしまった!

なんてことのないようにしてください。

  • 更新期限が過ぎていても、海外旅行や入院、災害、身柄拘束などの「やむを得ない理由」があり、かつ3年以内であれば、所定の講習と適性試験で免許が交付されます。

但し、パスポートや診断書等で証明する必要があります。

講習・適性試験内容や申請に必要な書類や費用などは各運転試験場のホームページ等で詳細をご確認ください。

「更新期限を6ヶ月以上経過してるし、やむを得ない理由もない!」・・・残念ですが免許が失効していることを覚悟してください。

「もしかして免許失効?」

 

私もこの瞬間を経験した一人なので、気持ちは痛いほどわかります。

辛いですがこの現実を受け入れ、こんな最悪な状況だからこそ、正しい情報を手に入れて行動することが何より重要になります。

  • 更新期限から6ヶ月以上経過すると免許は失効してしまいますが、1年以内であれば若干の救済措置があり、仮免取得状態から免許の再取得を目指せます。

  • 1年以上経過しているとゼロから免許を再取得する必要があります。

どちらも、免許の再取得のためにお金と労力をかけなければいけない現実は変わりませんが、どうせやるなら、できるだけ時間とコストと労力をかけずに自分の免許を取り戻したいものです。

 

そこで是非知っていただきたいのが、「一発試験」という選択肢です。

名前は聞いたことあるという方もいると思いますが、改めて一発試験について説明します。

一発試験とは

指定自動車教習所には行かず、運転免許試験場(運転免許センター)で直接、学科試験と技能試験を受験する方法のことを言います。

長期間教習所で習う必要もなく、試験さえ合格すれば一発で免許が交付されるため、通称一発試験と呼ばれています。

一発試験の最大の魅力は教習所に行くよりも費用・時間とも圧倒的に少なく済むことです。

これだけ聞くと一発試験は、過去に自動車学校で免許を取得した経験があり、運転経験も豊富で、ただ免許をうっかり失効してしまったような私たちにピッタリな制度ように思えますが、合格率が極めて低いというデメリットが重くのしかかり、日本人がこの試験を利用することは極めて少ない状況です。

ただ、私が一発試験を受験した愛知県では一発試験の受験者は外国人が圧倒的に多いという不思議な状況です。

ちなみに路上試験で私の他に同乗した2人も外国人でした。

この謎めいた一発試験については後ほど詳しく説明しますが、まずは、免許再取得に向けた必要な手続きを知らなければ、先に進めません。

免許が失効していたら、​必要書類を準備して運転免許試験場へ行き、免許失効手続きをしましょう。

これをやらないと、免許を再取得する事ができません。失効手続きに必要な書類は以下の通りですので粛々と進めてください。
 
注意:免許失効中に交通事故を起こすと、無免許運転での事故と同じ扱いとなるため運転はご法度でお願いします。
  1. 失効した免許証 

  2. 住民基本台帳法の適用を受ける方(日本人、特別永住者、在留資格をもって中長期在留する方など)
    本籍(又は国籍)の記載がある個人番号が印字されていない住民票の写し(コピーしたものは不可)1通
    ※外国からの一時帰国等で住民登録がされていない(住民票の写し(コピーしたものは不可)が提出できない)場合は、戸籍抄本と一時居住証明書 

  3. 住民基本台帳法の適用を受けない方(短期滞在者、在留資格を有しない方、在留資格が「外交」又は「公用」の方など)
    旅券、外務省の発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明する書類 

  4. 申請用写真1枚
    申請日前6か月以内に撮影した、無帽・正面・上三分身・無背景の縦3cm、横2.4cmのもの 

  5. 高齢者講習終了証(70歳以上の方)但し公安委員会発行のもの 

  6. 外国免許をお持ちの方は、外国の免許証

免許失効手続の窓口で手続きをすると、自動車学校に行くか一発試験を受けるか選択を迫られます。

一発試験の存在をここで初めて知る人も多いと思いますが、我が愛知県の平針運転試験場の窓口で行われているのは一発試験へのネガティブキャンペーンです。

一発試験を何回か受験しても合格できずに結局教習所へ駆け込むことになるから、時間とお金の無駄だよと言った感じの事を言われ、たいがいの日本人は一発試験についてたいして調べもせずに、諦めて自動車学校へ行ってしまいます。

​自動車学校という選択でも全く問題ありませんが、せめて一発試験について正しい情報を得てから決断してほしいものです。

先ほど一発試験の受験者に日本人が少ないと言いましたが、原因はこの窓口で行われているネガティブキャンペーンのせいです。

逆に外国人の受験者が多いのは、外国人コーディネーター存在が大きく、彼らが受験者に一発試験の正しい知識と対策方法を教え込み、見事合格へ導いているためです。

もちろんコーディネーターには報酬が入りますが、日本の自動車学校の高額な授業料に比べれば、数万円のコーディネート料を支払ったほうが、はるかに経済的かつ短い期間で免許が取得できる事を彼らはよく知っています。

ただでさえ不利な外国人が日本の狭い道路事情で一発試験を合格できている事実

日本人である我々も一発試験に合格するための正しい知識と対策方法さえ知っていれば、外国人のように合格できるのでは?

そう考えた私は、自ら人柱となり一発試験に挑みました。そして合格できたからこそ知った正しい知識と実践的な対策方法を、今度はみなさんに知ってもらう事で、この一発試験という素晴らしい制度に一人でも多くの人が挑み、合格を勝ち取る人が増えてくれることを願っています。

一発試験について詳しく知っていただくには「免許取得までの道」を自動車学校の場合と比較するのが一番わかりやすいと思います。がんばってまとめましたので、下のボタンから是非ご覧ください。