© 2017 by HIRABARI DRIVIEW. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Basic Black
  • YouTube Basic Black

自動車学校と一発試験を比較してみよう

一見すると一発試験で合格して免許を取り戻す方が費用を大幅に節約でき、期間も短くできるように見えますが、本当にこんなことが可能なのでしょうか。一発試験費用詳細を見るとその理由が見えてきます。

一発試験費用内訳

一発試験費用詳細

一発試験費用詳細には受験料や免許交付料の他、免許取得後に必ず受講しなければならない講習費用のみです。つまり試験費用のみで、合格に必要な学習期間や教材費用は一切含まれていません。これなら安く期間も短くなって当然です。

しかし、全国で最も難易度が高いと言われる愛知県の平針運転試験場の一発試験は何も対策せずに合格できるほど甘くはなく、不合格に涙を飲む受験者が続出しているのが実態です。

しかし、外国人コーディネーターが次々に外国人受験者を合格に導いているように、試験対策のために数万円の費用を惜しまないことで、一発試験合格の確率を高めることができます。

具体的な対策方法をご紹介する前に、一発試験対策にかかる免許取得費用と期間がどれくらいになるかご覧ください。

いいことばかりに見えますが、もちろんデメリットもあります。

試験に何度も落ちてしまうと費用も期間が増えてしまいます。加えて一発試験で合格できず、結局自動車学校にお世話になるリスクはどうしても残ります。

このため第二の選択肢として外せないのが、自動車学校の合宿免許。

早く免許を取り戻したい方、まとまったおやすみが取れる方にはこちらをおすすめします。

合宿免許は「最短13日、最安18万円程度で免許を取得!」など魅力的な宣伝文句を目にする事もありますが、学生限定とか入校日の指定などの条件があり、おめがねに叶う学校を選ぶのもなかなか面倒なものです。

そんな時は、合宿免許の比較サイトを活用すると便利です。

なにより、比較サイトではキャンペーンや割引を利用できる事が多いため、少しお値打に申し込めます。

世の中には比較サイト沢山ありますが、中でも私がお勧めするのはこちらです。

​よろしければ、こちらもご活用ください。

​ただ、どうしてもまとまった休みが取れない方や少しでも費用を抑えたい方にとっては一発試験は魅力的な選択肢であることに変わりはありません。

 

次に紹介する「一発試験の流れを知ろう」読んでいただくと、もう少し具体的な一発試験のイメージができると思います。

一発試験の流れを知ろう

ここでは一発試験で免許を取得するまでの流れを説明します。

まずはじめに注意しなければならないのは、免許の失効期間によってスタート地点が変わるという点です。

免許の失効から1年以上経過している場合は、ゼロから免許を取得を目指します。一方、失効から6ヶ月以上1年未満であれば、仮免所持の状態から始まるので少しだけアドバンテージがあります。​それでは詳しく説明していきましょう。

免許の失効から1年以上経過している方は仮免試験の申し込みからスタートします

仮免許申込

仮免許学科試験

平針の運転試験場で仮免試験の申し込みを行います。申し込みが終わると適性検査です。検査内容は、視力検査・色彩識別検査・適性検査です。

適性検査を終えると、そのまま学科試験に進みます。制限時間30分で全50問中45問以上正解すると合格です。​合格後に仮免技能試験の予約を行ってから帰宅します。

仮免許技能試験

予約した試験日時に平針で場内コースを走行します。持ち点100点から減点方式で70点以上で合格です。ここが最初の難関です。

免許更新忘れ6ヶ月〜1年未満の方は仮免試験が免除となりここからスタートします

仮免許証交付

申請手続きを行うと窓口で仮免許証が交付されます。有効期限は6ヶ月間です。3ヶ月経っても免許が取得できないと結局自動車学校に駆け込むことになるため、ここから時間との勝負が始まります。

路上運転練習

「路上練習申告書」に5日間分の練習した場所と日時等を記入して学科試験を申し込みを行います。自己申告制なので、実際に練習しなくても問題ありません。路上練習は学科試験に合格してかしっかり行いますので、この5日間は学科試験の勉強に当てましょう。

​本免学科試験受験

学科試験の申し込みが終わったら、そのまま学科試験を受験します。試験は1日3回ありますが、1日に受験できるのは1回のみです。90点以上で合格です。合格後に本免技能試験の予約を行います。

​本免技能試験受験

路上コースと場内課題を行います。持ち点100点からの減点方式で70点以上で合格です。このサイトでご紹介している効率的な試験対策で万全の準備をして、一発合格を勝ち取ってください!

​取得時講習受講

合格したら取得時講習を最寄の自動車教習所で受講しましょう。ハイシーズ(年末〜3月末)には受講予約が取りにくい場合があるのでご注意ください。

普通免許証交付

​取得時講習の修了証を持って平針に行ってようやく免許が交付されます。

「特定講習」を事前に受講すれば合格後すぐに​免許が交付されますが、数万円の追加費用がかかります。

いかがでしたでしょうか。なかには「難関」の文字に気遅れしてしまった人もいるのではないでしょうか。

ここでもう一度言わせてください。外国人が一発試験で合格しているという事実があることを。

そして日本人の私も一発合格できたという事実があるということを。

ここからは、私が実際に各試験を合格していくために行った試験対策を詳しくお教えして行きます。

ただし、この試験対策は愛知県の平針運転試験場で一発試験を受ける場合に特化した情報です。

​あらかじめご了承ください。

期間比較.png